FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #1

今回のキャリモード、どのチームから始めようか迷いました。
ドイツ、イタリア、スペインの2部から始めることも考えましたが、
やはり弱小チームを育てたいという願望があります。

迷った挙句、やはりイングランド4部 EFLリーグ2から始めます。いつも通りです、はい。


今回お世話になるのはマクルスフィールド。
懐かしのマクルスフィールドです。
それもそのはずFIFA12でキャリモードをプレイしていたチームこそがマクルスフィールドなんですね。ほぼ記録にないんですが。


その頃からイングランド4部から始めるというプレイスタイルが全く変わっていない。弱小チームを立て直し昇格していくのがキャリアモードの楽しみ方だと思っています。

Macclesfield Town 公式サイト
https://www.mtfc.co.uk

マクルズフィールド・タウンFC ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/マクルズフィールド・タウンFC

マクルスフィールド

創設年1876

1876年に創設されたマクルスフィールド・タウンは、マクルスフィールドに拠点を置いている。

このクラブは現在、イングランドのリーグシステムにおける4番目のティアであるEFLリーグ2に所属している。

移籍予算:$1,294,992

クラブ価値:$1,972,000

ホームタウン:マクルスフィールド

ユニフォームがダサいのがちょっと嫌ですね。
とりあえず始めましょう。


監督エディットは全く進化がなく萎えます。
EAはキャリアモードにもっと力を入れて欲しいところですが、課金要素のないキャリアは後回しなんだろうなと思います。FIFAをプレイしている人すべてがFUTをしているわけではないので、そこは理解して欲しいところです。

今回はスキンヘッドのおっさん監督にしました。
監督名は小倉さんに決めました。

朝のニュース番組の方ではありません。

小倉優香ファースト写真集 ぐらでーしょん


まずはいつものようにプレシーズントーナメントを招待を受けた。
まだ今回のゲームプレイも慣れていないこともあり、難易度を抑えたヨーロピアン・コンチネンタルシールドへの招待を受けることに決めた。

オーストリアで行われるヨーロピアン・コンチネンタルシールドでは、
インスブルック
SKNザンクト・ペルテン
SVマッテルスブルク
と対戦することが決まった。

最高獲得賞金:£1,010,000


フロントからクラブの目標を伝えられた。
財政目標が最も高くて優先度が普通。しかし収益£880万以上でシーズンを終えるという難しい課題だ。

主な目標は以下の通り。

・エミレーツ・FAカップ:ベスト32に進出

・EFLリーグ2:リーグの最下位グループを回避する

・ユースアカデミーの選手1人のOVRを5以上育てた後、5試合に出場させる。スタメンか控えかは問わない。

予算は以下の通り。

もちろん厳しいものだ。
何ができて何ができないのか考えなくてはならない。

契約の切れそうな選手が何人もいて予算はここから使うことになりそうだ。
選手層も薄く能力が低い選手でもそう簡単にサヨナラとはいかない。

レンタル選手はともかく、誰を切るかよく考えないと後々苦しくなるだろう。


若手育成目標の達成のためにユーススカウトを雇うことは必須となったが予算は少ない。

残念な選択だが最も能力の低いユーススカウトを雇うことにした。

イングランド出身のNicholas Roseは経験も評価も低い、駆け出しの新人スカウトマンといったところだろう。

選力となる選手を期待するのでなく、あくまで目標達成のためのスカウトだ。

ニコラスには£1万2000を払って日本人をスカウトしてくるよう指示を出した。新人にいきなり極東に行けというのは気の毒な気もするが、ここは私の国でもある。初めての仕事に安心して送り出すことができるというものだ。

ヨーロピアン・コンチネンタルシールドが開幕した。
初戦はSKNザンクト・ペルテンとの対戦となった。
序盤に失点して苦しい試合だったが後半に1点を返すと、終了間際に追加点を取って逆転勝ちを決めた気持ちの良いスタートを切れた。

2戦目はSVマッテルスブルクとの対戦。
1失点をして追いつけずにそのまま敗北。
グループ3位となり次の試合では勝たなければ先がない。

好調Evansの活躍が翌日の新聞に小さく記事に載った。

3戦目インスブルックとの試合。
先制したが追いつかれた。しかし後半ミドルシュートから追加点を奪って勝利。


グループステージは首位で通過した。
トーナメント賞金:£24万6400

ヨーロピアン・コンチネンタルシールドの準決勝はTSVハルトベルクとの対戦となった。
先制を許し、試合を支配された。

追加点を決められてなす術なく破れてしまった。


メディア記事に今シーズンのマクルスフィールドの順位予想が掲載されていた。

順位予想は24位とずいぶん低く見られている。もちろん戦力的にはそうかもしれない。

ファンは夢を見ないと記事にされたが、マクルスフィールドは新監督を選んだことを忘れてはならない。
私はこの予想を覆すために来たのだ。大きな躍進を見せたいところだ。

マクルスフィールドファンは夢を見ない

予想順位:24

重要選手:Nathan Blissett


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です