FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #5

リーグ戦は残り3試合となったが、2位にはもう追いつけない。

今の順位を維持してプレイオフからの昇格を狙う。


フロントからブランド認知について目標が達成できたと連絡があった。

すばらしい

ブランドン認知に関して、クラブは今シーズン設定した目標を達成したました。

ありがとうございました。以下の目標は、あなたがいなければ達成できなかったでしょう。

シーズンの観客数を良好に保つ

良い仕事を続けていください!

リーグ戦は4位でのフィニッシュ。

昇格1年目にしては良い順位だったかもしれないが、もっと得点が取れていれば上の順位を狙えた。

賞金£152万1000

大会最優秀ゴールキーパーが決定

EFLリーグ1最優秀ゴールキパーがLukas Kalasに決定しました。

マクルスフィールドの守護神は多くの素晴らしいパフォーマンスを見せたことで投票で最も多くの票を集め最高のゴールキーパーに選ばれました。

来期EFLチャンピオンシップへの昇格を賭けた戦いが始まった。

プレイオフ1回戦はブラックプールとの対戦となった。

1stレグで0−4で圧倒的勝利を収めたが、2stレグでは0−2と追い詰められ苦しい戦いであったがなんとか勝ち残れた。

プレイオフ 勝てば昇格のかかる重要な試合が始まった。

対戦相手はバーミンガム・シティだ。

前半は膠着。後半にチャンスを決めリードするとそのまま逃げ切った。

今シーズンは得点力不足をずっと嘆いていただけに勝てるとは思わなかった。

よくてPK戦で勝つぐらいだろうと見込んでいたが、選手たちは奮起してくれたようだ。

我々は昇格を掴み取ったのだ!

大会最優秀選手が決定

リーグ1プレイオフの大会最優秀選手にはマクルスフィールドのStephensが選ばれた。

目標には関しては、難しいと思われた収益がやはりほとんど達成できずに終わった。

補強もたくさんした影響もあったので仕方ない部分はあるし、結果として昇格vを勝ち取ったので正しい選択をしたと信じたい。

OVR70を超える選手も出てきており、確実に戦力はアップしている。

しかしまだOVR60前半の選手もちらほらおり、このメンバーでチャンピオンズシップを戦うのはかなり難しいだろうと思われる。

今シーズンの結果について

シーズンが終了しました。

フロントは今期の活躍に大変満足しています。

あなたは選手やスタッフの尊敬を集めており、ピッチの内外でクラブのビジョンと合致した素晴らしい仕事を成し遂げてくれました。

来シーズンもクラブに残留していただけますと幸いです。


昇格した余韻もつかの間、早くも新たなシーズンを迎えた。

プレシーズントーナメントは、ヨーロピアン・インターナショナルカップに参加を決めた。

ヨーロピアン・インターナショナルカップのグループステージは順調に勝ち進んだ。

準決勝も勝ったマクルスフィールドは決勝と駒を進める。

決勝の相手となったクレルモン・フットとの対戦は驚くべきことに圧勝して勝利を収めた。

マクルスフィールドはヨーロピアン・インターナショナルカップ優勝を達成した。

ディフェンスの選手1人と契約した。

スピードも多少あるので、リードしている試合での終盤でサイドバック起用してみるのも悪くないだろうと思うし、いっそのことレギュラーにしても良いが、左利きのセンターバックはBadiashileが不動なので右センターバックでの起用となる。

やっと念願のフォワードを獲得できた。すばらいい可能性を見せる選手だ。190㎝の長身ストライカーが今シーズンこのチームの鍵となる。

マクルスフィールド、Adam Idahの争奪戦を制す

マクルスフィールドが、ホームページでAdam Idahをノリッジ・シティから、移籍金£1,400,000で獲得したと発表しました。

19歳のストライカーはアイルランド出身。ノリッジ・シティ在籍時は大活躍していましたので、新しいチームメイトの期待も膨らみます。チームに何か特別なものをもたらす選手です。

新しいチームの監督は加入に満面の笑みで「チーム合流が待ち遠しい。彼のおかげでチームの力とモチベーションがぐんと上がる。今のチームにはしれが欠けていた」と練習場の前で語りました。

当初の報道によれば、同選手の新天地での給与は£3,900の模様です。

順位予想の記事が掲載された。

24位とかなり低い評価をつけられたが、戦力を考えれば仕方がない。

2シーズン前までEFリーグ2にいたチームだ。

奇跡の勝ち点を求めるマクルスフィールド

予想順位:24

重要選手:Ali Gabr

今シーズンのマクルスフィールドの現実的な目標は降格回避となります。

評論家の見方では、Rodrigo VargasらFWがファンの期待通りのレベルでプレイできるなら、この目標は難しいものではないことです。

同時にOrkun Kokcuがその能力を発揮して、自身が得点するだけでなく、他の選手へもチャンスを提供し、チームの降格回避に尽力しなければならないでしょう。

同様にDFのAli Gabrも重要な役割を果たします。自ら模範となって選手を導き、頼られ過ぎずに目の前の目標へ集中させなければなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です