FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #8


Bandalovski、チャンスをものにする

昨日の試合は、最も重要な試合というわけではありませんが、間違いなくエキサイティングなもので、Oguraは豊富な選手層を確認できました。Radoslav Bandalovskiは、試合の後にコメントし、しきりにマクルスフィールドの監督を称賛しました。「Oguraは素晴らしい監督だ。プレイしたいとそれとなく伝えたら、メンバーに入っていた」とのことです。Oguraのリザーブ選手の使い方は、寛大なだけでなく、スタメン出場の機会が限られている選手が活躍できるように計算された賢明なものでした。これはマクルスフィールドの指導者が起用の選択肢を豊富に持っているということでもあり。リザーブの選手たちにも再びチャンスが巡ってくるという安心感を与えるものです。



ヨーロピアン・インターナショナルカップのグループステージは3連勝で勝ち抜いた。チームは好調。新シーズンを良いスタートをきれた。

ヨーロピアン・インターナショナルカップの決勝トーナメントに進んだマクルスフィールドはまたも勝ち星をあげた。つぎは決勝戦だ。

決勝戦もマクルスフィールドが終始試合を支配した。結果は1−0ではあったが勝利を収め優勝を飾った。

マクルスフィールド、ヨーロピアン・インターナショナルの勝利を祝す

今年のヨーロピアン・インターナショナルを制したのはマクルスフィールドです。強敵、フンシャルを決死の試合でねじ伏せました。「これからもこのような栄冠を狙い続けていると期待している」と述べたマクルスフィールド監督は、非常に苦労の大きかったトーナメントを終え、安堵感と喜びを垣間見せました。


大会最優秀選手が決定

ヨーロピアン・インターナショナルの大会最優秀選手にはマクルスフィールドのKokcuが選ばれました。


大会最優秀選手に選ばれたのはKokcuだったが、Morrisを忘れてはならない。決勝戦での決勝ゴールは彼が決めた。獲得は大正解と言っていいだろう。素晴らしい活躍を見せている。

スカウトからの調査結果が送られてきた。フリーの選手の中にかなり能力の高い若手がいることが確認でき、すぐに獲得に向け動いた。

コロンビアのストライカーは将来が非常に楽しみな選手だ。ドリブルとスピードはすでにかなり高い。若さゆえにまだ決定力が低いがこれからトレーニングを積んでいけば良いだろう。

Jimenezと契約をしたことで、目標が一つ達成された。優先度の高い目標だっただけに早々に達成できて一安心だ。長期目標がまだ残っているが3シーズン通しての目標なのでいまは気にしないでおこう。

ブラジル出身の18歳センターバック Matheus H .Santeiro Marreと契約。素晴らしい可能性を見せる選手だ。センターバックでありながら俊足の持ち主でジャンプ力と高いフィジカルを兼ね備えている。守備意識が普通なのが少し残念ではなるが、今後の成長を期待していいだろう。

Matheus H .Santeiro Marre 18歳 OVR71 国籍ブラジル

スキルムーブ:星3、逆足:星3 身長:187センチ、体重80キロ 利き足:右

攻撃意識:普通、守備意識:普通

状態:素晴らしい可能性を見せる

つぎにスペイン出身のサイドミッドフィルダーEnrique Delgado Lloriaと契約。こちらの選手も、「素晴らしい可能性を見せる」選手である。パスに磨きをかければ良い選手に育つだろう。攻撃的な部分はまだ低いが、ペースとドリブルはそれなりにあるので、サイドの選手に必要な能力を兼ね備えていると言っていいだろう。同じく成長が期待できそうな選手だ。

Enrique Delgado Lloria 19歳 OVR 70 国籍:スペイン

スキルムーブ:星3、逆足:星3 身長:172センチ、体重:65キロ、利き足:左

攻撃意識:普通、守備意識:低い

状態:素晴らしい可能性を見せる

降格回避を目指し、長くつらいシーズンに挑む、と題した見出しでマクルスフィールドの順位予想が記事になっていた。毎シーズン予想を覆し昇格を続けてきたマクルスフィールドにとっては当てにならない予想だ。

マクルスフィールドは降格回避を目指し、長くつらいシーズンに挑む

予想順位:20

重要選手:Adam Idah

ディビジョンを維持したいマクルスフィールドにとっては、降格圏外でシーズンを終えることが目標となります。
クラブのストライカー、Adam Idahは、できるだけ早い段階でチームのリーグ順位が安定することを願っていますが、シーズンを通してつらい仕事が続くことも理解しています。
「生き残ることが最優先だとわかっている。だが、シーズン序盤で勝ち点を稼げてば、最終的な順位も変わってくるはずだ。簡単なことではないが、戦い抜くための準備はしてある」

プレミアリーグが開幕。初戦はアーセナル、やってやろうという意気込みで挑んだが見事に敗れ、0−2。出だしで躓いてしまった。これがプレミアリーグチームの強さなのか、この調子なら降格も覚悟でシーズンを戦わなくてはならない。しかしまだ第1節が終わってばかりだし、相手はアーセナルだったのだ。そこまで落胆する必要もない。次の試合に勝てるよう気持ちを切り替えよう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です