FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #9


サッカー界で注目される監督として紹介される記事がアップされた。代表選で腕を試したと言った覚えは全くないが、W杯優勝候補のチームからオファーがあれば考えるかもしれない。

Orura氏が適任

Ogura氏はサッカー界で注目される監督のようです。マクルスフィールドの監督として魅力的なサッカーをして勝てるチームを作ると評判になっています。代表戦でも腕を試したようです。

報道によると、エクアドルがOguraを監督に迎え入れる最有力候補のようです。エクアドルサッカー協会は、もし彼が実際に監督就任を承諾した場合、引き続きマクルスフィールドの指揮をとって兼任することにも同意しています。

他の多くの代表チームもそれぞれの監督と契約更新せず、新たな監督を模索中です。その中の一つであるベネズエラが、多くのチームの候補に挙がっているOguraの就任先の一つとして浮上しています。

プレミアリーグ8月の月間最優秀選手候補にKokcuが入っていた。

プレミアリーグ8月の月間最優秀選手候補

8月のプレミアリーグ月間最優秀選手の候補が発表されました。

Hazard(チェルシー)
Salah(リバプール)
Sane(マンチェスター・シティ)
Kokcu(マクルスフィールド)

専門家やファンは、どの選手に票を入れるべきか頭を悩ませています。投票結果は数日後に発表される予定です。

しかし後日、月間最優秀選手の受賞者はリバプールのSalahに決まった。

Jimenezが好調でかなり良い動きをしてくれる。すでに代えのきかない選手になりつつある。これは今まで出ていた選手が出れないことにもなり不満に思っている選手もいるようだ。

Jimenezがステップアップ

最近のCamilo Jimenezは素晴らしいプレイでマクルスフィールドに貢献し、ピッチ上で真のリーダーであることを証明しています。
クラブとファンは、今後のシーズンにおいても好調が維持されることを願っています。

Pinot、出場ペースに不満

Loic Pinotはマクルスフィールドでの現在の立場に不満を隠せない様子です。ポジション争いが過熱する中、登録選手から漏れることが増えているのです。

Oguraが彼をクラブの今後の戦力として評価しているかどうかは不明ですが、最近このワイドマンは監督との話し合いを要求しました。

その席で、これ以上チャンスを与えられねい常態が続けば活動の場を移すことも視野に入れると監督に告げたと見られています。


プレミアリーグ9月の月間最優秀選手候補者が発表され、マクルスフィールドから2名の選手が選ばれている。

LukakuやSalahを抑えて9月の月間最優秀選手を受賞したのはIdahだ。

プレミアリーグは第10節まで進み、現在6位とまずまずの順位。マンチェスター・シティとエバートンが無敗となかなかの強さを見せている。

マクルスフィールドの監督を務めてから初めて?の受賞となった、月間最優秀監督賞。プレミアリーグで受賞できたのは喜びだ。

監督賞を受賞

Oguraさん、おめでとうございます。

マクルスフィールドにおける素晴らしいパフォーマンスが認められ、月間最優秀監督賞が贈られました。

熱心な取り組みの結果、見事に実力を示すことができました。

益々のご活躍を祈念しております。それでは失礼いたします。

広報

月間最優秀監督が決定

今月の月間最優秀監督はOguraでした。

彼の率いるマクルスフィールドが強さを見せつけた1ヶ月でした。

10月の月間最優秀選手にKokcuが受賞した。2ヶ月連続でマクルスフィールドの選手が受賞となった。監督賞も受賞し素晴らしい10月を過ごした。

Kokcuが10月の月間最優秀選手を受賞

10月のプレミアリーグ月間最優秀選手は、マクルスフィールドで印象的な活躍を披露したKokcuが獲得しました。

Lloriaが出場機会を得たことにお礼を言いにきた。いいやつだ。

こんにちは、監督。信頼していただけて嬉しいです。頻繁に使っていただきありがとうございます。

Delgado Lloria「もっとサッカーがしたい」

サッカー選手全員が幸せな選手人生を送れるわけではありませんが、Enrique Delgado Lloriaはマクルスフィールドに満足しているようです。

今週、地元メディアが開催したイベントでOguraのもとでプレイしる喜びを語りました。

「監督とはいい関係を築けている。監督の考えるクラブの方針には満足している」とコメントし、「スタメン起用されるのは嬉しいし、監督の存在はなくてはならないものだと思う。大いに活躍して、チームを快挙に導きたいと思う」と続けました。

センターバックのBandalovskiがトレーニング中に5週間の怪我を負った。ベンチ外の選手だったので影響は少なくすみそうだ。

またも輝くKocuk

絶好調が続いているilker Kocukは、マクルスフィールドとクリスタル・パレスの試合でも見事なパフォーマンスを見せ、好調を維持しました。

「今はとにかく1試合1試合に集中するだけです」と彼。

「監督は休ませようと考えていたんですが、先発入りさせてくれるよう説得したんです。試合内容で自信が正当化されればいいと思います。このところずっと調子が良くて、次の出番が待ちきれません」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です