FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #10


Gabr、起用方針に苛立ち

Ali Gabrはマクルスフィールドでの現在の立場に不満を隠せない様子です。ポジション争いが過熱する中、登録選手から漏れることが増えているのです。

Oguraは彼をクラブの今後の戦力として評価しているかどうかは不明ですが、最近このセンターバックは監督との話し合いを要求しました。

その席で、これ以上チャンスを与えられない状態が続けば活躍の場を他に移すことも視野に入れると監督に告げたとみられています。

成長するDelgado Lloria

シーズン初期にEnrique Delgado Lloriaが今のような活躍をすると期待していた人間はほとんどいませんでした。

彼にモチベーションを与え、可能な限り今のパフォーマンスを維持させられるかはOguraにかかっています。

カラバオカップは準々決勝で敗退。いいところまで行っただけに悔しい結果だ。

11月の月間最優秀選手の候補にKokcuが選ばれている。

プレミアリーグ11月の月間最優秀選手候補

11月のプレミアリーグ月間最優秀選手の候補が発表されました。

Mane(リバプール)

Benedetto(クリスタル・パレス)

Kokcu(マクルスフィールド)

Dier(レスター・シティ)

一回ベンチスタートさせただけでこれはちょっと。

Kokcu、起用方針に苛立ち

Orkun Kokcuはマクルスフィールドでの現在の立場に不満を隠せない様子です。

ポジション争いが過熱する中、登録選手から漏れることが増えているのです。

Oguraが彼をクラブの今後の戦力として評価しているかどうかは不明ですが、最近このセントラルMFは監督との話し合いを要求しました。

その席で、これ以上チャンスを与えられない状態が続けば活躍の場を他に移すことも嫌に入れると監督に告げたと見られています。

ユースアカデミーに才能ある選手が入った。トレーニングを積めばかなりの選手に成長してくれることだろう。

リーグ戦15試合終わって、6位。勝ったり負けたり引き分けたりとぼちぼちなここまでの結果だ。エバートンが無敗で強さを見せている。

ユースから離れたがっている選手と一名契約。そく移籍リストへ追加した。

冬の移籍期間に入ったが、即選手となるような欲しい選手は移籍金が高い。色々探していて今シーズンで契約が切れる選手と契約し、来シーズンからの加入で我慢することにした。

12月の月間最優秀選手候補にマクルスフィールドからRuisalvoとIdahの2人が選ばれている。

Gabrがマクルスフィールドからクビ宣告

Ali Gabrがマクルスフィールドでの将来を失い、新しいクラブを探しています。

このニュースに驚きはありません。

32歳になるこの選手は既にクラブの中心選手ではなくなっており、いつ放出されてもおかしくないと見られていたからです。

Tamas、失意の申し出を許可される

Krisztian Tamasがマクルスフィールドでの待遇に不満を募らせる状態が続いていましたが、このサイドバックが自らの希望で移籍リストに加わることで決着しました。

Oguraにハンガリー出身の同選手をクラブに残したい意向があったかは不明ですが、選手の輪を乱しチームの士気を下げる選手は不要であるとして26歳の同選手を移籍対象にしたとのことです。

ウイングバックと事前契約を結んだ。右サイドバックとして起用するつもりだ。

リーグ戦は20試合まで進み、3位と順位を上げている。2位リバプールとの勝ち点差では並んでいるので、2位につけるチャンスも残っている。1位エバートンとの差も縮まってきた。

FAカップはウィストハム・ユナイテッドと対戦し、PKであっけなく敗退。FAカップとは縁がない。


ゴールキーパーのPickfordと事前契約を交わした。来シーズンからの加入となるがかなり頼もしい選手が仲間となった。

リーグ戦は25試合を消化。順位は5位に転落した。勝てる試合をいくつか落とし勝ち点が思うように伸びなかった。

Jimenezがステップアップ

一流のプレイヤーは一流のプレイをします。

最近のCamilo Jimenezは一流のプレイを実現できています。

全ての試合で実力を発揮し、マクルスフィールドの主力選手であることを証明しました。

サイドバックが2週間の怪我を負ったので、ユースで育てていた期待の若手をトップチームへ引き上げた。彼は一流選手の可能性を秘めている。しかしスピードがないのが気になるところ。成長に期待したい。

Jimenez、ゴール決まらず

しーずんが進み、力関係がはっきりしてきましたが、それだけにクリスタル・パレスがリーグ戦を2−0でマクルスフィールドに勝利したのは衝撃的でした。試合内容はすばらしいものでクリスタル・パレスのファンは試合後、チームにスタンディングオベーションを送るためしばらく残っていました。

今日6試合連続無得点となったCamilo Jimenezについて、Oguraはこの21歳のストライカーを今後試合に出場させ続けるべきか悩んでいることでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です