FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #13


マクルスフィールド、最後の瞬間に勝利

ボールがゴール隅に吸い込まれたのは、ロスタイムに入って随分たった時でした。

マクルスフィールドのファンと選手はようやく息をできるようになり、ボーンマスからの勝利を噛みしめました。

「悪くない終わり方だった」とOguraは語り、「私を含めた多くの人間が諦めて帰ろうとしていたよ」と冗談を言いました。

「選手たちは蕎麦らしい勇気を見せてくれた。全力で戦い抜いた彼らを誇りに思う」

Correaが9月の月間最優秀選手を受賞

Correaが9月の月間最優秀選手を受賞

9月のプレミアリーグ月間最優秀選手は、マクルスフィールドで印象的な活躍を披露したCorreaが獲得しました。

マクルスフィールド、Pickfordの実力を見せつける

新しい環境に慣れるのは難しいものですが、それがマクルスフィールドのような一流のクラブならなおさらです。

しかし、Pickfordの最近のプレイは、環境へ完全に馴染んだことをファンに証明して見せました。

数試合に活躍した今、目指す目標が新しいチームでも変わっていないのは明らかです。

大活躍を見せた試合の後で、「チームへ慣れるには何の問題もなかった」といい、「みんなが暖かく迎えてくれたし、選手として成長させようと力を尽くしてくれている。この調子で期待に応えたいと思いう」とPickfordは話しました。

プレミアリーグは10節まで終わり、まだ首位。しかしほとんど差はなく全く油断できない。一試合一試合が大切に戦わないとすぐに首位争いから落ちてしまう。

10月の月間最優秀選手候補にはマクルスフィールドから3名が選ばれている。

プレミアリーグ10月の月間最優秀選手候補

10月のプレミアリーグ月間最優秀選手の候補者が発表されました。

Jimenez(マクルスフィールド)

Correa(マクルスフィールド)

Delgado Lloria(マクルスフィールド)

Lekue(バーンリー)

Jimenezが10月の月間最優秀選手に選ばれた。

Jimenezが10月の月間最優秀選手を受賞

10月のプレミアリーグ月間最優秀選手は、マクルスフィールドで印象的な活躍を披露したJimenezが獲得しました。

カラバオカップは準々決勝を勝ちベスト4を決めた。

2022年の年間最優秀選手は?

年間最優秀選手の候補リストが本日公開されました。

各クラブのコーチやキャプテン、選ばれたメディアやファンは、この数週間で誰がこの賞に最もふさわしいかを決めなくてはなりません。

評論家たちは、Mariano、Mbappe、Dybala、Asensioが12月に開催される授賞式で名前を呼ばれる候補であると予想しています。

11月の月間最優秀選手候補にLloriaとJimenezが選ばれている。

プレミアリーグ11月の月間最優秀選手候補

11月のプレミアリーグ月間最優秀選手の候補者が発表されました。

Terrier(ハダースフィールド・タウン)

Delgado Lloria(マクルスフィールド)

Roberto Firmino(リバプール)

Jimenez(マクルスフィールド)

年間最優秀選手が決定

年間最優秀選手はレアル・マドリードのAsensioに決定しました。


またもJimenezが月間最優秀選手を受賞した。2ヶ月連続の受賞となった。

プレミアリーグは15節まで消化した。マクルスフィールドはまだ耐え抜いて首位の座を守っている。

2022年UEFA年間最優秀チーム-ディフェンダー候補者

メディアの予想

Cancalo(ユベントス)

Varne(レアル・マドリード)

Lenglet(パリ・サンジェルマン)

Odriozola(レアル・マドリード)

12月の月間最優秀選手候補にMaierとStenzelが選ばれている。

プレミアリーグ12月の月間最優秀選手候補

Brooks(ボーンマス)

Maier(マクルスフィールド)

Kane(トッテナム・ホットスパー)

Stenzel(マクルスフィールド)

2022年UEFA年間最優秀チーム-フォワード候補者

メディアは次の選手たちが選出濃厚だと予想した。

Roberto Firmino(リバプール)

Cutrone(ACミラン)

Salah(リバプール)

Asensio(レアル・マドリード)

12月の月間最優秀選手賞は受賞できず。

Kaneが12月の月間最優秀選手を受賞

12月のプレミアリーグ月間最優秀選手は、トッテナム・ホットスパーで印象的な活躍を披露したKaneが獲得しました。

Jimenez、ついに念願のゴールなるか?

Oguraの悩みは尽きません。

このところCamilo Jimenezの無得点が続いていることにマクルスフィールド監督はショックを受けており、この21歳のストライカーを本日の試合でスタメンに起用するかどうかかなり悩んでいるようです。

冬の移籍期間に入ったが予算に余裕はなく、選手を調査するだけで終わりそうだったが、マンチェスター・シティのJesusが契約延長をしていないことに気づきオファーを送ってみた。Jesusは来シーズンからの加入を快く受け入れてくれた。

プレミアリーグは20節まで進んだ。マクルスフィールドはなんと首位に立ったままだ。昨シーズンはこの辺りから失速したが、はたして今シーズンはどうなるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です