FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #21

UEFA Champions Leagueのグループステージは3試合が終了し、インテルが3連勝でGグループで首位に立っている。マクルスフィールドは2勝1敗で2位。3位アヤックス、4位にCSKAモスクワとなっている。CSKAモスクワは3連敗。

残り3試合、インテルを何とか抜き1位通過を目指したい。

Jesus、ゴール決まらず

試合に勝利したのはマクルスフィールド。今年のUEFA Champions Leagueで素晴らしいプレイを見せています。張り詰めた空気の中、終始相手を上回り、1−0で勝利を掴みとりました。い一方、アヤックスは1−0というスコアでの敗北に動揺を隠しきれない様子です。
今日6試合連続無得点となったGabriel Jesusについて、Oguraはこの26歳のストライカーを今後試合に出場させ続けるべきか悩んでいることでしょう。
Gabriel Jesusの不調が長引く中、ファンの間では選手獲得の正当性について疑問の声が上がっています。


長かったCorreaの怪我がやっと完治しそうだ。まだ万全ではないので試合には出せないが近いうちに復帰できるだろう。最近のチーム成績は良くないので早く試合に出れるようになってほしいものだ。

完治

監督
医療チームからAngel Correaの血が治り、トップチームのトレーニングに復帰できる状態だと判断が下りました。
どれくらいの時間をかけて戦列に復帰させるかは、もうあなた次第です。
しかしプレイが早すぎたり、長すぎたりすると怪我が再発して悪化する可能性も0ではありませんのでご注意ください。
それでは
医学療法士


Fischer、チャンスをものにする

昨日の試合は、最も重要な試合というわけではありませんでしたが、間違いなくエキサイティングなもので、Oguraは豊富な選手層を確認できました。
Markus Fischerは、試合の後にコメントし、しきりにマクルスフィールドの監督を称賛しました。「プレイしたいとそれとなく伝えたら、メンバーに入っていた」とのことです。Oguraのリザーブ選手の使い方は、寛大なだけでなく、スタメン出場の機会が限られている選手が確約できるよう計算された賢明なものでした。
これはマクルスフィールドの指導者が、起用の選択肢を豊富に持っているということでもあり、リザーブの選手にも再びチャンスが巡ってくるという安心感を与えるものです。
Markus Fischerが興奮するのも当然です。これが、彼のシーズン初出場です。マクルスフィールドのサポーターに前途有望な若い才能を見せる場を得ました。
試合終了後、18歳の選手に、観客はスタンディングオデーションで喜びを伝え、彼はマクルスフィールドのボスOguraと抱き合い、フィールドを後にしました。
普段はサブやリザーブだったMarkus Fischerが、クラブの成長株に仲間入りしたようです。今後の出場も難しくないでしょう。
この選手は練習時に、凄まじい集中力を見せ、チームの中では未知数の原石とされてきました。
どのような形でFischerがOguraのプランに入ってくるかはわかりませんが、この先、Fischerがマクルスフィールドの主力となることは間違いありません。


プレミアリーグは第10節まで進み、マクルスフィールドは2位に後退した。ほとんどの試合に勝てることだできず、負けと引き分けを繰り返した。

そうしているうちにアーセナルに首位を明け渡してしまった。アーセナルは独走態勢に入り、10試合終わって無敗と圧倒的な強さを見せている。

3位にリバプール、4位にバーンリーと続いている。5節時点で2位だったストーク・シティは転落してしまったようだ。

Jesus、ついにゴール

マクルスフィールドはリーグ戦を2−1でサウサンプトンに勝利しました。両チームの監督は試合後、対照的なコメントを残しています。
負けたチームの監督は、際どい状況で判定がすべて不利に下されたと主張し、勝ったチームの監督は審判がうまく試合を裁いたと称え、チームの勝利への意識が相手よりも高かったと述べました。
7試合連続でゴールネットを揺らせなかったGabriel Jesusですが、その流れもついに終わりを迎えたようです。これで運が上向くでしょうか?
Gabriel Jesusの不調が長引く中、ファンの間では選手獲得の正当性について疑問の声が上がっています。


Oguraが前回の勝利をにこやかに振り返る

アヤックスとの試合に先駆けての記者会見で、Oguraは今シーズンの前回の対戦でマクルスフィールドが勝利を挙げたことを振り返りました。
監督は、「あの試合で我々はよく戦った。チームとして非常によく機能したし、攻撃が失敗に終わってもそのあとボールをよく追いかけ、相手に簡単にゲームをさせなかった。我々は勝利に値した。そして今回も我々は、同様のパフォーマンスを見せて、アヤックスに対してダブルを達成することができると自信を持っている」とコメントしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です