FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #29

UEFA Champions League準々決勝で、マクルスフィールドとFCバイエルンは互角の勝負

準々決勝で激突するマクルスフィールドとFCバイエルン・ミュンヘンは実力が拮抗しており、勝敗を予想するのが困難です。

マクルスフィールドの人々は、自分たちのチームがUEFA Champions League準々決勝に勝ち上がることを望んでいます。

彼らの願いが叶うかどうかは、4月9日に行われるセカンドレグ、FCバイエルン・ミュンヘンの本拠地FuBball Arena Munchenで判明します。

控え選手のMarkus Fischerが出場を直訴してきた。

途中交代なら可能性はある、と伝えた。

最近とても調子がいいですし、気分も乗っていますから、次の試合では控えに回りたくないです。

ボス、あの試合に出場させてくれてありがとうございます。良いパフォーマンスができたと思います。

Moritz Langがユースを去ろうとしているようなので、シニアチームに引き上げるよう契約した。なかなかよい潜在能力を持っている選手だ。

リーグ戦は30試合まで消化した。

現在の順位は1位だが、2位マンチェスター・ユナイテッドとの差は勝ち点差1ポイント。

3位アーセナル、4位マンチェスター・シティとの差も少なく余裕のある1位ではない。

チャンピオンズリーグ準々決勝に先立ち、記者会見が行われた。

Oguraが重要なカップ戦を前にして、チームを称賛

UEFA Champions Leagueの重要なマクルスフィールド対FCバイエルン戦を目前に控え、Oguraはチームにどれほど自信を持っているか、積極的に語りました。

「データ上では互角。しかし試合はデータ上でやるものではないし、決勝がすぐそこに見えるのだから、サポーターにとっても緊張する試合になるはず」と切り出し、さらに「でも正直なところ、相手側と選手を交換したいとは思わない。うちはいい選手が揃っているし、ピッチ上のどこでも強く、団結力はどこにも負けない。いい戦いができると思うし、私のチームなら重要な試合でも問題なく対処できると確信している」と話しました。

プレミアリーグ3月の月間最優秀選手候補

3月のプレミアリーグ月間最優秀選手の候補が発表されました。

Brandt(トッテナム・ホットスパー)

Jesus(マクルスフィールド)

Sane(マンチェスター・シティ)

Tolisso(マクルスフィールド)

足首の怪我がまだ完治していないJesusがチャンピオンズリーグ出場を懇願してきた。

気持ちはわかるがまだ完治していない選手を使うのはリスクが高い。

ベンチには入れておくが使っても終盤だろう。

それに1stレグだ。怪我の完治まではあと10日。2stレグでの活躍に期待したい。

ボス、提案があります

次の試合はシーズンを大きく左右します。自分の調子は最高です。Idahの代わりに選んでいただければ、必ず期待に応えてみせます。

チャンピオンズリーグ準々決勝バイエルンとの試合はずっとマクルスフィールドが主導権を握る戦いだったが、なかなかゴールを割れずに苦しんでいた。

スコアレスのまま終盤に向かい、当初の予定通りのこり後半85分で怪我の完治していないJesusを交代でピッチに送り込んだ。

そしてすぐにゴールを演出したのがJesusだ。

裏に抜け出しゴールをもらったJesusはグラウンダーのクロスを送り込む、こちらも途中交代のJimenezがゴールを決めた。

こうして1stレグを1−0で勝利を飾った。

Jesusはマンオブザマッチにも選ばれた。

ボス、ありがとう

選んでいただき、ありがとうございます。チームに貢献できたと感じています。

Jesusは復帰、マクルスフィールドは勝利

昨日、マクルスフィールドのメンバーがファンと共にGabriel Jesusの復帰を祝福しました。

彼は少しも衰えておらず、素晴らしいプレイでマクルスフィールドを導き、FCバイエルンを降しました。

「この数週間試合に出たくて仕方なかったよ」と彼は語り、「やっとここへ戻ってこられて本当に嬉しい。俺はピッチなしじゃ生活できないんだ。これで家にも帰りやすくなる」とおどけてみせました。

Tolissoが3月の月間最優秀選手を受賞

3月のプレミアリーグ月間最優秀選手は、マクルスフィールドで印象的な活躍を披露したTolissoが獲得しました。

マクルスフィールドが連勝を維持

マクルスフィールドはリーグ戦を4−0でクリスタル・パレスに勝利しました。

両チームの監督は試合後、対照的なコメントを残しています。

負けたチームの監督は、際どい状況で判断が全て不利に下されたと主張し、勝ったチームの監督は、審判がうまく試合をさばいたと称え、チームの勝利への意識が相手より高かったと述べました。

今季クリスタル・パレスとの一戦目では黒星を喫しながら、昨日の対戦で一転して勝利をもぎ取ったマクルスフィールドのファンたちは堂々と胸を張るべきです。

マクルスフィールドファンにとって、このクリスタル・パレス戦での快勝で勝利の波を維持できることは喜びでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です