FIFA19 キャリアモード マクルスフィールドの改革 #30

チャンピオンズリーグ準々決勝2stレグ FCバイエルン戦が迫ってきた。

試合を目前に控え、記者会見が開かれた。

OguraがスーパースターのJimenezを絶賛

Camilo Jimenezはこれまでに関わってきた選手以上に不可欠な人材になっているとOguraは述べました。

次に迎える試合の前にマクルスフィールドの選手の自信を補強するに適切なタイミングでの発言と多くの人が感じているようです。

監督は、「Jimenezは我々にとって最高の選手だ。チームにとっては全ての選手が等しく大事だが、これまでに関わってきた選手の中でもすば抜けている彼はもう自動的にスタメンに選ぶような存在になってきた。

些細なことに対してもしっかり取り組む姿勢が素晴らしい。元々才能に恵まれている選手とはいえ、練習場を去るのも常に一番最後だし、クラブの若手にとっては模範的な選手だよ」とコメントしました。

UEFA Champions League レポート:FCバイエルン VS マクルスフィールド

マクルスフィールドが今年のUEFA Champions League 準決勝進出を決めました。

互角の戦いになるとみられていた準々決勝は、張り詰めた緊張の中、1−1(2−1 AGG)で勝利を掴みとり、FCバイエルンが大きく肩を落とす形となりました。

Pavard、マクルスフィールドに満足げ

サッカー選手全員が幸せな選手人生を送れるわけではなりませんが、Benjamin Pavardはマクルスフィールドに満足しているようです。

今週、地元メディアが開催したイベントでOguraのもとでプレイする喜びを語りました。

「監督とはいい関係を築けている。監督の考えるクラブの方針には満足している」とコメントし、「スタメン起用されるのは嬉しいし、監督の存在はなくてはならないものだと思う。大いに活躍して、チームを快挙に導きたいと思う」と続けました。

トーナメント賞金

あなたが大会でみせた結果に基づき、クラブが追加の予算を確保しました。

これに伴い、来るべきシーズン向けての移籍予算が増加されます。

大会:UEFA Champions League 賞金:£10,500,000

マクルスフィールド-フロント

数日後にチャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、チェルシーとの対戦に決まった。

UEFA Champions League 準決勝で、マクルスフィールドとチェルシーは互角の勝負

準決勝で激突するマクルスフィールド・タウンとチェルシーは実力が拮抗しており、勝敗を予想するのは困難です。

マクルスフィールドの人々は、自分たちのチームがUEFA Champions League 決勝に勝ち上がることを望んでいます。彼らの願いが叶うかどうかは、4月30日に行われるセカンドレグ、チェルシーの本拠地Stamford Bridgeで判明します。

チャンピオンズリーグ準決勝の日を数日後に控え、記者会見が開かれた。

チェルシーの監督であるサッリを褒めちぎっておいた。

ほとんどミスをしないMaurizio Sarri

Oguraは試合前の記者会見で、Maurizio Sarriに最大限の賛辞を送りました。

監督は、「彼はミスを犯すことが非常に少ない監督だね」とコメントしました。

Oguraは適切な選手を獲得するのがいかに難しいかを語り、チェルシーのチーム力の高さを評価しました。

監督は、「適切な選手を見つけ出し、自分のシステムに組み入れるのに非常の長けている。適切な選手を適正な価格で手に入れるのがどんどん難しくなっていく中で、彼がチームに迎え入れた選手をみてくれ。機能していない選手は非常に少ないと思う」と続けています。

UEFA Champions League 準決勝プレビュー:マクルスフィールド・タウン VS チェルシー

本日のマクルスフィールド・タウン対チェルシー戦の勝者は、優勝のまた一歩近くことになります。

ここまで残った4チームはチャンピオンを狙える力を示してきましたが、栄光を掴むためには、超えなければならない壁がまだ立ちはだかっています。

チェルシーとの準決勝は開始1分でJimenezが先制点を決めてスタートした。

打ち合いになるかと思われたがそのままどちらもゴールを割れず1−0で試合終了。1sレグはマクルスフィールドの勝利に終わった。

UEFA Champions League 準決勝プレビュー:チェルシー VS マクルスフィールド・タウン

チェルシーとマクルスフィールド・タウンが戦う準決勝レカンドレグの火蓋がいよいよ切られようとしています。

ホームでレカンドレグを迎えられるチェルシーは、熱狂的なサポーターの後押しもあって有利だと考えられますが、マクルスフィールド・タウンのモチベーションや落ち着いた試合運びは決して侮れません。

試合は、前半に先制点をゲットして、一安心。

しかし後半に1点を返されて不安がよぎる、だが終盤に追加点を決め勝利をぐっと引き寄せた。

結果は1−2と勝利し、チャンピオンズリーグ決勝への切符を手に入れた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です